規約 | 泌尿器細胞診(別府)カンファレンス

TOP > 規約

泌尿器細胞診(別府)カンファレンス規約

第1章 総 則

(名称)

第1条
本会は、泌尿器細胞診(別府)カンファレンス(旧称「別府カンファレンス」)と称する。

(事務局)

第2条
本会は、事務局を会長の指定する施設に置く。

(目的)

第3条
本会は、泌尿器細胞診の普及と、これに携わる細胞診専門医、医師、細胞検査士および臨床 検査技師における泌尿器関連細胞診断学の質的向上を図ることを目的とする。

(事業)

第4条
本会は、前条の目的達成のため、次の事業を行う。
  1. 泌尿器細胞診カンファレンスを毎年1回、原則として2月に開催する。
    ただし、学術集会長は役員会に諮った上で、諸般の事情を勘案して
    多少の時期の変更をすることを提案できる。
  2. その他、会が必要と認める事業。

第2章 会員

(構成員)

第5条
本会の会員は、泌尿器細胞診に関心を持つ医師、臨床検査技師、賛助会員
で構成される。

(会費)

第6条
会員は、別に定める年会費を納入しなければならない。

(入退会及び異動)

第7条
  1. 本会の会員を希望する者は、所定の書面にて事務局に届け出なければならない。
  2. 会員は、退会または異動があった場合には事務局に届け出なければならない。

(会員資格の喪失)

第8条
  1. 本人が退会を申し出た時、または退会した時。
  2. 本人の死亡、または会が解散した時。
  3. 継続して3年以上年会費を滞納し、督促に応じないとき。

第3章 組織

(役員)

第9条
本会に次の役員を置く。
会長 1名、副会長 3名以内、事務局長 1名、学術集会長 1名、事務局担当幹事 3名、
幹事、監事 2名、顧問 若干名

(役員の選任)

第10条
  1. 役員の選任は役員会で行い、総会で承認を受ける。
  2. 会長、副会長および事務局長は役員の互選により選出される。
  3. 学術集会長は役員会で選出される
  4. 事務局担当幹事は役員会の同意を得て、会長が幹事の中より選任する。
  5. 顧問は役員会の同意を得て、会長が委嘱する。

(役員の任務)

第11条
  1. 会長は、本会を代表し、会務を総括し、役員会を招集する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があった場合は、その職務を代行する。
  3. 事務局長は、会の会計、会員管理、総務を統括する。
  4. 幹事は、会の事業推進、会の運営に協力し、意見を述べる。
  5. 監事は、おおむね民法第59条の職務に基づき、会務、会計の執行状況を監査し、役員会、総会に報告し意見を述べる
  6. 学術集会長は、年1回の学術集会を開催し、地区委員は、学術集会開催を主宰する。

(役員の任期)

第12条
  1. 役員の任期は3年とする。ただし、再選を妨げない。
  2. 中途就任者の任期は、前任者の残任期とする。
  3. 顧問の任期は特に定めない。

(役員の解任)

第13条
役員は、役員としてふさわしくない行為等があった場合、役員会からの提案により総会の決議を経て解任することができる。

第4章 会議

(種 別)

第14条
本会の会議は、総会、役員会、三役会とする。

(総 会)

第15条
  1. 総会は毎年1回、原則として2月に開催する。
  2. 臨時総会は、会長が必要と認めたときに開催する。
  3. 緊急を要する場合、電子メ-ルにて事案の審議をすることができる。
  4. 総会は会員総数の過半数の出席(委任状を含む)をもって成立とする。

(役員会)

第16条
  1. 役員会は日本臨床細胞学会秋期大会時及び総会に先立ち開催し、定例役員会とする。
  2. 役員会は、総会に必要な事項の審議と決定を行う。
  3. 緊急を要する場合、電子メ-ルにて事案の審議をすることができる。
  4. 新会長および新副会長選出役員会は、旧役員会終了後新役員会を招集する。
  5. 役員会は役員総数の過半数の出席(委任状を含む)をもって成立とする。

(審議事項)

第17条
役員会は、次の事項を審議し、総会の承認を受ける。
  1. 前年度の活動報告
  2. 前年度の収支決算報告
  3. 次年度の事業計画案
  4. 次年度の予算案
  5. その他の重要案件

(議決)

第18条
  1. 議事について、総会および役員会は出席者の過半数の賛成をもって決する。
  2. 電子メールによる議事について、総会および役員会はメール会議参加者の3分の2以上の賛成をもって決する。

(三役会)

第19条
  1. 三役会は、会長が必要と認めたときに開催する。
  2. 三役会は、会の運営について役員会に上程する必要のある事項について審議する。
  3. 三役会は、会長、副会長、事務局長、事務局担当幹事、及び会長が指名する幹事で構成される。

第5章 会計

(財政)

第20条
  1. 本会の財政は、年会費、事業収入および賛助金により運営される。
  2. 年会費は年額 2,000円とし、次年度分を総会時あるいはそれ以降の当該会計年度に納入するものとする。
  3. 賛助会員の賛助金は年額20,000円とし、次年度分を総会時あるいはそれ以降の当該会計年度に納入するものとする。

(会計年度)

第21条
本会の会計年度は、4月1日から始まり翌年3月31日に終わる。

第6章 規約の変更

(規約の変更)

第22条
本会の規約を変更する場合には、総会参加者の3分の2以上の賛成を得なければ
ならない。

第7章 補則

第23条
本規約の施行細則については役員会において決定する。

(附則)

  1. 本会則は平成23年2月11日より施行する。
  2. 平成24年2月11日一部改定する。
  3. 平成25年9月10日一部改定する。
  4. 平成26年4月1日一部改定する。
  5. 平成27年7月21日一部改定する。
  6. 平成28年2月27日一部改定する。
  7. 平成29年2月25日一部改定する。
  8. 平成30年2月25日一部改定する。

施行細則

(事務局)

第1条
本会の事務局を(株)LSIメディエンス病理細胞診解析部(住所:東京都板橋区小豆沢4-25-11)に置く。
第2条
事務局長は会長の同意を得て、事務局を補佐する事務局担当委員を若干名の会員の
中から選任することがきる。

(役員)

第3条
幹事の定員は各地区の会員数等を考慮して役員会において決定する。
第4条
学術集会長は集会開催に当たり、会員の中から実行委員長を選任する。
第5条
学術集会長は集会開催の世話を行う担当委員として、集会開催地区担当者より地区委員を選任することができる。
第6条
地区委員は任期1年をとする。またかならずしも会員である必要はない。

(細則の変更)

第7条
本施行細則の変更は役員会の承認を経なければならない。

(附則)

  1. この施行細則は平成28年2月27日より施行する。