TOP > イベントのご案内 > 第17回 泌尿器細胞診(別府)カンファレンスin富山 > 第17回 スライドカンファレンス症例

第17回 スライドカンファレンス症例

※写真をクリックすると拡大表示されます。

症例番号1

出題者:石倉 宗浩(市立砺波総合病院臨床病理科)

症例:80歳代、女性

検査材料:自排尿

標本作製:ストリッヒ法

主訴:尿漏れ、肉眼的血尿、排尿困難

既往歴(臨床情報):尿漏れ、肉眼的血尿、排尿困難で近医受診。その後尿路上皮癌疑いで当院紹介。

検体1 検体1 検体1 検体1 検体1
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 反応性細胞
  2. 異型細胞
  3. 低異型度尿路上皮癌
  4. 高異型度尿路上皮癌
  5. その他

症例番号2

出題者:岡本 奈美(四国がんセンター 臨床検査科)

症例:60歳代、男性

検査材料:自排尿(膀胱鏡施行後)

標本作製:BDサイトリッチRed(SurePath)法

主訴:血尿

既往歴:前立腺癌

症例2 症例2 症例2 症例2 症例2 症例2
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 反応性尿細管上皮細胞
  2. 異型尿路上皮細胞
  3. 低異型度尿路上皮癌
  4. 高異型度尿路上皮癌
  5. 前立腺癌

症例番号3

出題者:鳥谷部 慎子(つがる総合病院 臨床検査部 病理)

症例:77歳代、男性

検査材料:自然尿

標本作製:BDサイトリッチRed(Sure Path)法

既往歴:胃潰瘍、急性腎盂腎炎

臨床経過:倦怠感とめまいで救急搬送、高度貧血(Hb3.1)、長期肉眼的血尿

症例3 症例3 症例3 症例3 症例3 症例3 症例3
解答選択肢
  • A.陰性/良性細胞
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 反応性尿路上皮細胞
  2. 尿路上皮乳頭種
  3. 低異型度尿路上皮癌
  4. 浸潤性尿路上皮癌
  5. 腺癌

症例番号4

出題者:川崎 辰彦、田中義成、井関充及
(佐世保共済病院 病理診断科)

症例:60歳代、女性

検査材料:自然尿

標本作製:引きガラス法、サコマノ法

主訴:糖尿病

既往歴:糖尿病性網膜症で内服治療中、健診で尿潜血を指摘。腹部CT検査で膀胱腫瘍が疑われ、当院紹介となる。

症例4 症例4 症例4 症例4 症例4
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 反応性尿路上皮細胞
  2. 低異型度尿路上皮癌
  3. 高異型度尿路上皮癌
  4. 上皮内癌
  5. 腺癌

症例番号5

出題者:甲斐 俊一(大分県厚生連鶴見病院)

症例:70歳代、女性

検査材料:自然尿

標本作製:2回遠心法

主訴:特になし

既往歴:特になし

臨床情報:市の住民健診で当センターを受診し,尿検査で潜血2+であった。潜血は腎以外由来の出血であったため,細胞診を行った。

写真:パパニロウ染色,×60

症例5 症例5 症例5 症例5
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
選択肢
  1. 良性異型尿路上皮
  2. 反応性尿細管上皮
  3. 高異型度尿路上皮癌
  4. 扁平上皮癌
  5. 腺癌

症例番号6

出題者:森藤 哲史(神戸大学医学部附属病院)

症例:60歳代、男性

検査材料:残膀胱内容物

標本作製:すり合わせ法

臨床情報:幼少期に交通事故で膀胱破裂、尿管断裂し、両側尿管S状結腸吻合術。
膀胱が残存しており、CT画像上内腔に内容物貯留を認めている。
また、持続する尿道からの排膿を自覚しており、ドレナージ目的に膀胱瘻造設。

症例6 症例6 症例6 症例6 症例6
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 反応性尿路上皮細胞
  2. 低異型度尿路上皮癌
  3. 高異型度尿路上皮癌
  4. 良性腺上皮細胞
  5. 腺癌

症例番号7

出題者:松﨑 生笛(和歌山県立医科大学人体病理学教室)

症例:50歳代、男性

検査材料:右腎盂洗浄液(洗浄)

標本作製:LBC標本 (Thinprep®)

既往歴(臨床情報):原因不明の慢性腎不全でフォロー中、右水腎症が出現した。

症例7 症例7 症例7 症例7 症例7 症例7
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 腎乳頭壊死
  2. 腎結石
  3. 低異型度尿路上皮癌
  4. 高異型度尿路上皮癌
  5. 腎細胞癌

症例番号8

出題者:瀬古 周子(名古屋第二赤十字病院)

症例:70歳代、男性

検査材料:右・左 分腎尿

標本作製:LBC(ThinPrep)

既往歴:自排尿細胞診にて尿路上皮癌を指摘。CT、膀胱鏡にて明らかな腫瘍性病変を認めず、左右分腎尿細胞診が施行された。

症例8 症例8 症例8 症例8 症例8

症例8 症例8 症例8 症例8 症例8
[右分腎尿]解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
[右分腎尿]推定病変選択肢
  1. 反応性細胞
  2. 異型細胞
  3. 低異型度尿路上皮癌
  4. 高異型度尿路上皮癌
  5. その他
[左分腎尿]解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
[左分腎尿]推定病変選択肢
  1. 反応性細胞
  2. 異型細胞
  3. 低異型度尿路上皮癌
  4. 高異型度尿路上皮癌
  5. その他

症例番号9

出題者:石堂 統(中東遠総合医療センター臨床検査室)

症例:80歳代、男性

検査材料:自然尿

標本作製:ThinPrep

主訴:肉眼的血尿

既往歴(臨床情報):消化管ポリープ 気管支炎
膀胱腫瘍疑いで紹介,10日前から肉眼的血尿あり。現在はうっすらピンク。

症例12 症例12 症例12 症例12 症例12 症例12
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 反応性尿細管上皮細胞
  2. 良性異型尿路上皮細胞
  3. 尿路上皮癌(低異型度尿路上皮癌)
  4. 尿路上皮癌(高異型度尿路上皮癌)
  5. 尿路上皮癌(腺上皮への分化を示す尿路上皮癌)

症例番号10

出題者:玉野 裕子(金沢大学附属病院病理部)

症例:50歳代、男性

検査材料:自然尿

標本作製:液状化処理標本(LBC)

主訴:2ヶ月前より排尿痛、両鼠径部の違和感を自覚し、前医を受診.前立腺腫瘤と軽度の水腎症を指摘された.

検査データ:CRP 2.2mg/dL UN 13mg/dL Cr 0.76mg/dL eGFR値 83.82
UA 4.0mg/dL LDH 354IU/L PSA 0.616
PSA値は低く、腎障害なし.

症例10 症例10 症例10 症例10 症例10 症例10
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 反応性尿路上皮細胞
  2. 尿路上皮癌
  3. 腺癌
  4. 小細胞癌
  5. 悪性リンパ腫

症例番号11

出題者:宮本 藤之(富山県立中央病院 臨床検査部検査科)

症例:66歳代、男性

検査材料:自然尿

標本作製:YM液処理

主訴:排尿困難、頻尿

現病歴:1年前より排尿困難、頻尿を主訴に他院受診。膀胱腫瘍、前立腺腫大、多発性骨転移疑い、肺転移疑いにて当院紹介。

症例11 症例11 症例11 症例11 症例11 症例11
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 良性病変
  2. 低異型度尿路上皮癌
  3. 高異型度尿路上皮癌
  4. 神経内分泌腫瘍
  5. 前立腺腺癌
  6. その他

症例番号12

出題者:今村 好章(福井大学医学部附属病院病理診断科)

症例:60歳代、男性

検査材料:自然尿

標本作製:BDサイトリッチRed (Sure Path)法

主訴:血尿

既往歴:血尿の精査のため施行した膀胱鏡にて膀胱左後壁に 3cm 大の非乳頭状腫瘤を指摘された.

症例9 症例9 症例9 症例9 症例9 症例9
解答選択肢
  • A.陰性
  • B.異型細胞
  • C.悪性疑い
  • D.悪性
推定病変選択肢
  1. 異型尿路上皮細胞
  2. 高異型度尿路上皮癌
  3. 亜型を伴う高異型度尿路上皮癌
  4. 亜型を伴う腺癌
  5. 悪性リンパ腫

成績優秀者の表彰を予定しています。
ご自身が他の方と区別できるニックネームを入力してください。

※ひとつのメールアドレスと同じニックネームで一回しか投稿できません。

ニックネーム :
メールアドレス :